オトナのいじめ自殺!報復して生きる選択

オトナのいじめ自殺!報復して生きる選択

「死んだら負け!」誰が何と言おうと、死んでしまっては負けなのです。大人のいじめは壮絶なものです。心身ともに疲れ果て、憎い相手を攻撃する気力も無くしてしまうこともあります。しかし、自らの命を絶ってはならないのです。いくら遺書を残しても思いが遂げられる可能性は極めて低いのです。それでもあなたは死にますか?負けずに戦うことを選択してみてはいかがでしょう。

 

罵倒!パワハラのドンに報復したい

元東京都知事がインターネット上のインタビューで、「都議会のドン」に関する衝撃的なことを話したようです。
2011年に自殺した自民党都議についての内容で、ドンのいじめに遭っていたという内容でした。
ツイッターで、遺書ととれる「殴り書き」を公開しています。
自民党都議が自宅で自殺した原因について、
「(都連実力者の)〇〇にあります(中略)。何をされたかというと、都議会議員の集まりの中で嫌がらせ的に罵倒されたり、議長になれたのにならせてもらえなかったり、ギリギリといじめ抜かれた・・・『反〇〇氏』の声を上げると粛清されてしまう-そんな世界が都議会にはあるわけです」などと書かれています。
亡くなった都議の親族から「父は憤死した」との連絡があり遺書を見せてもらったそうです。

その遺書には、

これは全マスコミに発表して下さい。○○を許さない!!
人間性のひとかけらもない。
来世では必ず報服(原文)します!御覚悟!!自民党の皆さん。旧い自民党を破壊して下さい

苦しい思いで殴りかかれていたようです。

 

報復する方法は一つではない!

憎い相手に報復する方法は一つではありません。決して自殺でもありません。よく考えることが重要です。

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ 合法的な復讐や報復、恨みを晴らす方法

Follow me!