羞恥の恨みを晴らしたい!

羞恥の恨みを晴らしたい!

女性だけではなく、男性からもご相談が多いのが「羞恥の恨み」です。レイプ被害の復讐を考えている方もいます。サークルや職場などでも人には話せないような経験をさせられた方もいます。集団の面前で行われたなどのご相談も寄せられます。必ず成し遂げたい復讐の中ではたいへん多い案件です。

 

歓迎会の2次会で公然セクハラ 会社に賠償命令

大手自動車メーカー系列の販売会社の派遣社員だった女性がセクハラで訴訟を起こしていました。
新入社員歓迎会の2次会でセクハラを受けたとして、会社と男性上司に約120万円の損害賠償を求めた訴訟の判決がありました。
判決で裁判官は2次会について「業務の延長で行われた」と認定し、同社と上司に計約33万円の支払いを命じました。
判決によると、上司は2014年8月、女性を含む新入社員の歓迎会の2次会で、カラオケを一緒に歌うため店のカウンター前に女性を連れて行き、歌っている女性を突然抱え上げたようです。その際スカートがずり上がり羞恥にさらされたということです。
その後、この女性は嘔吐症や心身症などと診断され、同月下旬に退職しています。

 

セクハラの代償 心の病

訴訟をしても結果が伴わないことがあります。勝訴しても上記のような内容なら、納得できないのではないでしょうか。恥をさらされた痛みは33万円・・・悲しい結果、屈辱の結果がこれです。
訴訟をすれば、気持ちが晴れると言うものではないのではないでしょうか。

 

合法的な復讐法

合法的な復讐方法 罪にならない報復を!無料相談はしていません。

Follow me!