社員を辞めさせたくてもしてはならないこと

社員を辞めさせたくてもしてはならないこと

会社の経営者には、人には言えない悩みがあるものです。秘密厳守で相談できる所は少ないでしょう。経営者の悩みの一つに社員の問題があります。辞めさせたい社員の存在は、常に脳裏に不安がよぎっていることでしょう。簡単にやめさせることは出来ません。ブラック企業などと風評がたつ可能性もあります。復讐解決センターにもご相談が寄せられている問題です。

 

ブログに「社員をうつ病にする方法」 社労士

愛知県内の社会保険労務士の男性のブログが批判を浴びているようです。
「社員をうつ病に罹患させる方法」と題した文章をブログに載せていたのだとか。
ネットでも批判され、厚生労働省愛知労働局も事態を重く見て調べる方針のようです。

問題のブログが掲載されたのは11月下旬でした。
「すご腕社労士の首切りブログ モンスター社員解雇のノウハウをご紹介!!」
と題した連載の40回目だったようです。
上司にはむかったり、遅刻ばかりする社員を「うつ病にして会社から追放したいのだが」という質問に答える形式のようでした。
そのブログでは、
「失敗や他人へ迷惑をかけたと思っていること」などを社員に繰り返しノートに書かせるよううながしたり、
「うつ状態は後悔の量が多いほど発症しやすい」や社員が自殺した場合の助言などもあったようです。

ネット上ではひどいという批判があり、
「ふざけるな!」といったメールを数件受けた男性社労士は「怖くなった」として、12月上旬に連載をすべて削除したようです。

 

職場での恨み 復讐 腹いせ

経営者だけではなく、職場での人間関係に不満を持ち辞めさせたい相手がいる場合もあるでしょう。
しかし、誰でもが成功するわけではありません。
失敗は、自分に返ってくるのが復讐です。
真剣に考える必要があります。誰でも成功するわけではありません。犯罪者になってはいけません。

 

合法的な復讐法

合法的な復讐方法 罪にならない報復を!無料相談はしていません。

Follow me!