アウティングの恨みを晴らす方法は復讐解決センターへ

アウティングの恨みを晴らす方法は復讐解決センターへ

誰でも差別は受けたくないはずです。人の気持ちを考えた対応は全ての人に望むのは難しいのかもしれません。とくに同性愛者に対する社会の偏見は昔に比べると改善されてはいるものの、受け入れられない環境も多いのです。テレビやメディアが明るく報道しているほど、現実の社会では受け入れられていないのが現状です。
カミングアウトする人も多い中、していない人もいます。していないのには理由があるからでしょう。本人は気付いているはずです。受け入れられる環境ではないと感じているはずです。アウティングから傷つけられるケースは多く、恨みや復讐心を抱くことは理解できることです。

自ら同性愛者だと告白することを「カミング・アウト」と表現し、同性愛者だということを第三者に勝手にばらされることを「アウティング」と表現しています。

アウティングの悲劇!自殺するぐらいならもっとやれることがある!

同性愛者であることを暴露されて自殺した男性の遺族が訴訟を起こしています。
自殺したのは、一橋大学法科大学院の男子学生でした。
この男性は去年4月、同級生に対し、自分が同性愛者であることを伝えましたが、この同級生がLINEを通じて複数の同級生に暴露したようです。

男子学生はその後、差別を受ける不安などから自殺したとしています。
男子学生の両親は、暴露した同級生と、「対応を怠った」として大学に対し、合わせて300万円の損害賠償を求める訴えを起こしていました。
第1回の口頭弁論における会見で男子学生の妹は、「同級生の一言で兄を死に至らしめたことは許せない」とのコメントしています。
大学は、「訴訟に関する本学の立場は、法廷の場で明らかにしていきたい」とのことです。

自殺するな!悲しむのは家族だ!恨みの相手は悲しまない

復讐解決センターでは、復讐を成功させるのではない解決策を提案することがあります。
それは、依頼者が健全な生活を送れるように指南するケースです。
人生では、乗り越えなければならない壁にぶち当たることがあります。
その壁を乗り越えるための手段は、復讐かもしれませんが、人によってはそうでないケースもあります。
ヒアリングから依頼者の真相心理を探ることからはじめます。
ケースによっては復讐があだになることもあります。
家族に危害が及ぶこともあります。
最善の方法は、復讐解決センターへご依頼ください。

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ 合法的な復讐や報復、恨みを晴らす方法

Follow me!