社員への恨みの晴らし方

社員への恨みの晴らし方

職場には、一生懸命働く者もいればサボる者もいます。人目を盗んで社内情報を売買したり、社内不倫などで風紀を乱すものもいるでしょう。経営者の恨みはそれだけではないでしょう。他にも感情のもつれやしがらみ、さまざまな感情が複雑に絡んでいることでしょう。損害を負わされた恨みもあります。暴行やリンチの恨みもあります。また、社内恋愛での「寝取られ」三角関係の恨みもご相談が寄せられています。

 

社員をうつ病に 社労士が処分

自身のブログに「社員をうつ病に罹患(りかん)させる方法」などと掲載したが問題になりました。
業務停止3か月の懲戒処分を受けたのは愛知県の社会保険労務士です。
社会保険労務士の男性は、国に懲戒処分の取り消しを求める訴訟を起こしているそうです。

これは愛知県の社会保険労務士が、「社員をうつ病に罹患させる方法」などとブログに書いていたものです。
厚生労働省は社会保険労務士の信用を落としたとして厚生労働省は、業務停止3か月の懲戒処分を言い渡していました。
これに対し、国に処分取り消しを求める訴訟を名古屋地裁に起こしました。
実際に誰かをうつ病にさせる目的ではなく悪質な行為とは言えないとし、懲戒処分は不利益が大きすぎるなどいう主張があります。

 

社員を辞めさせたい時にどうするか

社員への復讐や恨みの解消方法は、法に触れない方法を選択しましょう。

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ 合法的な復讐や報復、恨みを晴らす方法

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

性別 (必須)

お住まい (必須)

年齢(必須)

メールアドレス (必須)

※メールでご返信しております。

連絡先 (必須)

ホームページの検索ワード (必須)
  

題名

メッセージ本文

※メールアドレスがお間違いになっていると返信できません。今一度ご確認ください。
数日経ってもメールが届かない場合は、再度こちらからお問い合わせください。
注意:無料相談はしていません。