仕事の腹いせ 間違った復讐方法

仕事の腹いせ 間違った復讐方法

「恨みを晴らしたい」「復讐したい」その対象者は個人だけではありません。会社や組織に恨みを持つ人もいます。恨むには理由があります。根本的な解決が望ましいのではないでしょうか。短絡的な復讐は、自分の身に降りかかるだけに過ぎない残念な結果になりかねません。本当の望みを探っていきましょう。

 

クレーム受け修理の男 放火未遂 腹いせ方法

顧客の男性に仕返ししようと男性の家に放火しようとしたとた男が逮捕されました。
逮捕されたのは、香川県高松市にあるパナソニックの関連の電器製品修理会社の20才の社員でした。

午前2時ごろ、香川県丸亀市で64歳の男性の住宅にある竹垣などに灯油をまき、火を付けた疑いが持たれています。
男性が火に気付いて消し止められましたが、竹垣とエアコンの室外機などが焼けたということです。
容疑者は被害にあった男性から食器洗い機についてクレームを受けていたそうです。
事件当日は午前中に上司と一緒に新しい食器洗い機を持って謝りにいく予定でした。
しかし、製品を用意できていなかったそうです。
容疑者は「火事になれば謝りにいくどころではなくなると思った」と容疑を認めているようです。

 

短絡的な復讐 腹いせの結果

復讐や腹いせは、方法を間違えると罪に問われます。合法的な復讐を行わないのであれば、視点を変える必要もあるのではないでしょうか。

合法的な復讐の相談依頼

合法的な復讐の相談依頼

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

性別 (必須)

お住まい (必須)

年齢(必須)

メールアドレス (必須)

※メールでご返信しております。

連絡先 (必須)

ホームページの検索ワード (必須)
  

題名

メッセージ本文

※メールアドレスがお間違いになっていると返信できません。今一度ご確認ください。
数日経ってもメールが届かない場合は、再度こちらからお問い合わせください。
注意:無料相談はしていません。