セクハラ教諭に復讐 報復

セクハラ教諭に復讐 報復

セクハラをされていても、相談出来ないようなせ内容のもあり、悪質な性的嫌がらせで精神的にも肉体的にも追い詰められることがあります。職場で行われている場合は、逃げるように退職する被害者もいます。しかし、何年たっても悪夢から解放されることは無く、トラウマから自傷行為に走ることも・・・自分を追い詰めたセクハラの加害者に復讐、制裁を与えたいと考えることもあるでしょう。

 

香川県立高教諭 わいせつ行為認定 セクハラ

大学院生の女性(当時22歳)に対してわいせつ行為をしたとして、さぬき市の県立高校の59歳の男性教諭を停職4カ月と13日の懲戒処分にしたそうです。停職期間は6カ月が相当としたが、来年3月末で定年退職になることから、約2カ月間短縮された結果となりました。

県教委高校教育課などによると、この教諭は2006年8月から2008年3月、女性が大学の卒業論文作成のため母校を訪れたことをきっかけに継続的にわいせつ行為をしていたようです。
しかし、県教委は同年6月、「セクハラには当たらない」として教諭を訓告処分にとどめました。

女性は心的外傷後ストレス障害(PTSD)となって4カ月後に自殺したといいます。
そこで両親が2011年に県と教諭を提訴していました。

高松地裁が今年3月、わいせつ行為を認め、教諭に750万円の支払いを命じる判決を出しました。
9月に教諭が控訴を取り下げたことから、県教委は教諭のわいせつ行為を認定し、改めて処分したようです。

懲戒免職するよう県教委に申し入れていた女性の両親は、
「『懲戒免職』のみを望んでいたので、ショックを受けている。実効的な処分がされたとは思えない」とのコメントを発表しました。

 

これでいいのか セクハラの復讐

やられたことをやり返してやりたい、同じ目に遭わせてやりたい、
方法を誤ると、復讐の手段が減るだけです。
思いを晴らす方法をいかにたくさん持つか、それは武器を多く持つことと同じは無いでしょうか。
合法的に復讐をと考えても、やり方次第では失敗することになるのです。

復讐で犯罪者にならない方法!

復讐で犯罪者にならない方法!

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

性別 (必須)

お住まい (必須)

年齢(必須)

メールアドレス (必須)

※メールでご返信しております。

連絡先 (必須)

ホームページの検索ワード (必須)
  

題名

メッセージ本文

※メールアドレスがお間違いになっていると返信できません。今一度ご確認ください。
数日経ってもメールが届かない場合は、再度こちらからお問い合わせください。
注意:無料相談はしていません。