セクハラの復讐方法

セクハラの復讐方法

セクハラにパワハラ、モラハラなどハラスメント上司に復讐したい女性は多いでしょう。真剣に復讐したい、報復したいと思っていても叶わなかったり、そんなパワーを抱かせる前に精神的に追い詰められる状況もあります。確かに、自分よりも上の立場にある上司に復讐することはリスクも大きいでしょう。真剣に考える必要があります。

 

初の「セクハラ」実態調査 働く女性の3割が経験

今更かと思うかもしれませんが、国が初めてセクハラの実態調査を行いました。
働く女性のおよそ3割が職場での性的な嫌がらせ、「セクハラ」を経験したことがあるようです。

このセクハラ体験調査は去年、25歳から44歳の働く女性を対象に、厚生労働省が労働政策研究・研修機構に委託して行ったものです。
調査の結果、28.7%の女性がセクハラ被害の経験があると回答しています。

セクハラの内容としては、
「容姿や身体的特徴について話題にされた」が53.9%
「不必要に体を触られた」が40.1%
「執ように食事に誘われたり交際を求められた」は27.5%
と言うことです。

セクハラをする加害者で最も多かったのは
「直属の上司」、
次いで「職場の同僚、部下」という結果でした。セクハラを受けた後の対応として6割あまりが「我慢した」と答えています。

 

セクハラの報復方法

セクハラの復讐及び解決は復讐解決センターにおいてもご相談が多い案件です。
泣き寝入りしたり、精神を病むぐらいなら報復を考えても良いのではないでしょうか。
恨みを晴らすことで、新しい生活を始めることが出来るでしょう。

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ

真剣に復讐を考えるなら復讐解決センターへ 合法的な復讐や報復、恨みを晴らす方法

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

性別 (必須)

お住まい (必須)

年齢(必須)

メールアドレス (必須)

※メールでご返信しております。

連絡先 (必須)

ホームページの検索ワード (必須)
  

題名

メッセージ本文

※メールアドレスがお間違いになっていると返信できません。今一度ご確認ください。
数日経ってもメールが届かない場合は、再度こちらからお問い合わせください。
注意:無料相談はしていません。