復讐!リベンジポルノのデメリット

復讐!リベンジポルノのデメリット

男性が行うケースが多いリベンジポルノ。訳すと復讐ポルノですが、日本でも大変増えている復讐方法です。
逮捕者まで出ているものの、一向に無くならないのはストーカーと同じ人間の心理がそうさせるのだと思います。
被害者の人生を一転させるほどのリベンジポルノは、羞恥心をこの上なく掻き立てる恨みのポルノです。
一旦ネット上にアップされた画像を消すのは簡単なことではありません。
流出画像の問題は、もちろん男性にも起こっています。同性からの恨みであるケースや、脅迫に応じなかったことから投稿サイトに裸の写真や自慰行為の動画を実名付きで投稿されてる男性もいます。セクストーションは、流行の嫌がらせでしょう。

 

交際相手に復讐!リベンジポルノ

いくら憎しみが募っても、リベンジポルノを行うのはナンセンスではなでしょうか。
リベンジポルノ防止法も制定されて、逮捕者も出ています。下記に抜粋しました。
性的な写真や動画は拡散される可能性が大変高いものです。
ポルノ市場だけではなく、アフェリエイト画像に利用されることもあります。
誰でも見られる投稿サイトなどからは、収集癖のあるマニアがキャプチャーし収集していることもあります。
知人が見つけ、友人を介して本人に報告が来ることもありますが、自分以外の知人がわざと本人に知らせないケースもあるようです。

 

憎しみで自分を追いつめてはいけない

復讐したい憎しみは、巡りめぐって自分自身に帰ってくることがあります。
復讐解決センターでは、そういった事の内容にするための相談室です。
無料相談は一切行っておりませんので、秘密厳守で相談したい方はお問い合わせください。

 

 

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律
(平成二十六年十一月二十七日法律第百二十六号)
(目的)

第一条  この法律は、私事性的画像記録の提供等により私生活の平穏を侵害する行為を処罰するとともに、私事性的画像記録に係る情報の流通によって名誉又は私生活の平穏の侵害があった場合における特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律 (平成十三年法律第百三十七号)の特例及び当該提供等による被害者に対する支援体制の整備等について定めることにより、個人の名誉及び私生活の平穏の侵害による被害の発生又はその拡大を防止することを目的とする。

 

合法的な復讐法

合法的な復讐方法 罪にならない報復を!無料相談はしていません。