パワハラ上司に復讐したい 憎しみを解消する方法

パワハラ上司に復讐したい 憎しみを解消する方法

職場での恨み辛みを解消したい、今までの屈辱を晴らしたいのであればそれなりの覚悟が必要です。上司からの執拗なセクハラや、耐え難いパワハラに終止符を打ちたいと思いませんか。復讐解決センターは、真剣なあなたの味方です。自殺を考える前に相談してください。

 

パワハラ攻撃 侮辱的言葉で叱責 自殺を回避する

大津市は、侮辱的言葉で注意するなどパワハラを繰り返したとし、企業局の男性課長補佐級職員を減給の懲戒処分にしたと発表しました。
被害を受けた40代の男性職員は自宅で大量の薬を服用し、その3日後に急性心不全で死亡しいます。
市は「大量服薬した責任の半分はパワハラにあるが、パワハラと死亡には因果関係はない」との調査結果を示したそうです。

50代の課長補佐級職員は40代職員が異動した直後の2014年4月から15年3月までの間、自分の机のそばに立たせて大声で
「こんなこともわからへんのか、普通やったらできるぞ」など非難し、侮辱するだけで業務の改善につながらない発言などを繰り返していたようです。

40代職員は15年3月に自宅で薬を大量に服用し、昏睡状態に陥り、一時的に会話できるほどに回復したものその3日後の朝に急性心不全で死亡しました。

 

自殺に追い込まれる前に出来る事をする

復讐解決センターへご相談内容は、外部に漏れることはありません。
犯罪に手を染めない方法が必要です。

合法的な復讐法

合法的な復讐方法 罪にならない報復を!無料相談はしていません。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

性別 (必須)

お住まい (必須)

年齢(必須)

メールアドレス (必須)

※メールでご返信しております。

連絡先 (必須)

ホームページの検索ワード (必須)
  

題名

メッセージ本文

※メールアドレスがお間違いになっていると返信できません。今一度ご確認ください。
数日経ってもメールが届かない場合は、再度こちらからお問い合わせください。
注意:無料相談はしていません。